<真夏日>群馬・館林で33.4度…全国102地点で記録(毎日新聞)

 日本列島は21日、大陸から張り出した高気圧に覆われ、東京・大手町で最高気温が30.9度まで上がって今年初の真夏日を記録するなど、関東、東海地方を中心に全国102地点で最高気温30度以上の真夏日となった。

 気象庁によると、全国で最も高かったのは群馬県館林市の33.4度。このほか、三重県桑名市32.8度▽埼玉県熊谷市32.6度▽岐阜県多治見市32.3度▽栃木県佐野市32.1度−−などだった。

 22日以降は西日本から天気が崩れ、暑さは収まる見込み。気象庁は西日本で23〜24日にかけ、雷を伴った激しい雨が降るおそれがあるとして注意を呼びかけている。【飯田和樹】

【関連ニュース】
日照時間:4月の観測史上最少に 仙台など9地点
真夏日:各地で記録、広島・加計では30.7度
こいのぼり:全長100メートル 埼玉・加須
3カ月予報:5〜7月 太平洋高気圧弱く北日本は気温低め
夏日:今シーズン初 東京・大手町で25.5度

北九州の生活保護訴訟、控訴審も市が敗訴(読売新聞)
石綿肺など救済決定=政府(時事通信)
キャバクラ経営者起訴 2億8千万円脱税(産経新聞)
<裁判員裁判>起訴1年公判日決まらず 鑑定医の事故で延期(毎日新聞)
建設弘済会など検証=公益法人仕分け3日目―刷新会議(時事通信)
[PR]
by byt5tlqlbf | 2010-05-28 13:03