時事通信記者の過労死認めず 「月134時間」の残業は「過重労働」認定(産経新聞)

 時事通信社の政治部記者だった森田一樹さん=当時(36)=が平成9年に亡くなったのは過重労働が原因だったとして、遺族が国に労災認定するよう求めた訴訟の判決が15日、東京地裁であった。渡邉弘裁判長は遺族の訴えを退けた。

 森田さんは政治部で首相官邸を担当していた9年6月1日に吐血。2日後に糖尿病の合併症で死亡した。

 渡邉裁判長は死亡前半年の1カ月あたりの平均時間外労働が約134時間だったことなどから、過重労働と認めた。一方で、「どのようなストレスが糖尿病を悪化させるのかなど、医学的知見がない」などとして、過重労働と死亡の因果関係を認めなかった。

【関連記事】
過労死・過労自殺に歯止め 大阪の弁護団が過重労働基本法案を提言へ
高血圧悪化、過労死と認定 福岡地裁
“労働信仰”の危うさ ひきこもり、親が死んだら「自殺」
中国人研究員の過労死訴訟が和解 大阪地裁
過労死企業名公開訴訟 第1回口頭弁論 国は争う構え
外国人地方参政権問題に一石

「ネバーギブアップの精神評価」=沖縄知事(時事通信)
少年愛好「ショタコン」国際化、性ビジネス確立(読売新聞)
<チューリップ>春のじゅうたん…120万本が満開 三重(毎日新聞)
捜査報償費、協力者に支払わず=愛媛県側が逆転敗訴−高松高裁(時事通信)
演出家の福田陽一郎氏死去(時事通信)
[PR]
by byt5tlqlbf | 2010-04-20 03:55