<中日>球団にネルソン投手釈放の連絡、聴取後厳しい処分も(毎日新聞)

 中日のマキシモ・ネルソン容疑者(27)が銃刀法違反の疑いで逮捕された事件で27日、球団は現地入りした関係者からネルソン容疑者が釈放された連絡を受けた。西脇紀人代表は「28日に名古屋に戻る予定で、早めに本人から事情を聴く。取り調べの状況も確認し今後の対応を考える」とコメントした。

 球団関係者によればこの日、名古屋市内のネルソン容疑者の自宅が家宅捜索され、銃弾は見つからなかったという。だが西脇代表は「あってはならない事案で責任を感じる。警察の調べを見て、処分することも検討しないといけない」と解雇も含めた厳しい姿勢で臨む考えを示した。

 外務省の海外安全情報によると、ドミニカ共和国の治安は近年、急速に悪化し、強盗・窃盗などの犯罪が多発。銃器所持は許可制だが、違法銃器が出回り、首都のサントドミンゴ市も含めて銃犯罪が多発している、という。落合監督は「警察の取り調べ段階なので、今現時点で言うべきではないし、言うことは何もありません」とコメント。選手会長・森野も「(選手に)事実関係は知らされていない。文化の違いはあるだろうけど、ありえないこと」と話し、同じドミニカ共和国出身のブランコは「(詳細を)聞いていないから、何も話せない」と語った。【鈴木英世、村社拓信】

【関連ニュース】
中日:新選手会長・森野、早速はつらつプレー オープン戦
銃刀法違反容疑:中日ネルソン投手逮捕 沖縄県警
銃刀法違反:プロ野球中日投手・ネルソン容疑者逮捕 空港で実弾所持−−沖縄県警

カリフォルニアロール
<キャメロン監督>原爆テーマの次回作、揺れる…原作に誤り(毎日新聞)
大津波警報 三陸沿岸に最大3m 第1波は午後1時半(毎日新聞)
「12年から経営悪化」 鳥取裁判員裁判 会計士が証言(産経新聞)
皇太子さま50歳 「さらなる自己研鑽を」(産経新聞)
[PR]
by byt5tlqlbf | 2010-03-05 06:41